タイ入国カード(ARRIVAL CARD)の書き方

出入国カードは、機内でCAさんから貰う事が出来ますので、タイ到着前に必ず機内で書き終えておきましょう!

表面の記載

タイ入国カード 表

※画像クリックで、拡大

  1. 苗字《Family name》
  2. 名前《Middle name》
  3. 国籍《Nationality》
  4. パスポート(旅券)番号
  5. ビザ番号【ビザを取得している場合のみ記載】
  6. タイでの住所又は、宿泊先ホテル名
  7. 搭乗便名【入国時】
  8. 性別【男性:Male/女性:Female】
  9. 生年月日【日/月/年】
  10. 署名【パスポートと同じ署名】

裏面の記載

タイ入国カード 裏

※画像クリックで、拡大

  1. 搭乗便のタイプ (チャーター便/定期便)
  2. タイは初めてですか?(YES or NO)
  3. 団体旅行ですか?(YES or NO)
  4. 宿泊施設 (ホテル/友人宅/ユースホステル/アパート/ゲストハウス/その他)
    ※いづれかを選んで下さい。
  5. 渡航目的 (休暇/会議/商用/招待旅行/教育/大会/雇用/展覧会/乗り継ぎ/その他)
    ※いづれかを選んで下さい。
  6. 年収
    ※いづれかを選んで下さい。
  7. 職業 ※英語での職業記入例は以下の項目をご参考ください。
  8. 居住している市
  9. 居住国
  10. 搭乗地
  11. タイ出国後の次の到着地

会社社長:PRESIDENT
会社役員:EXECUTIVE OF BUSINESS FIRM
会社員:OFFICE WORKER
国家公務員:GOVERNMENT OFFICIAL
地方公務員:LOCAL GOVERNMENT OFFICIAL
農業従事者:FARMER
漁業従事者:FISHERMAN
個人経営者:PROPRIETOR
団体役員:EXECUTIVE OF ASSOCIATION
団体職員:STAFF MEMBER OF ASSOCIATION
医師:DOCTOR
看護師:NURSE
弁護士:LAWYER
技師:ENGINEER
教師:TEACHER
報道関係者:JOURNALIST
学生:STUDENT
主婦:HOUSEWIFE
無職:NONE

タイ入国カード(ARRIVAL CARD)の書き方はここまでです。
次は、出国カードの書き方になります。(DEPARTURE CARD)

タイ出国カード(DEPARTURE CARD)の書き方

出国カードも、タイ入国前に機内で書いておいた方が良いでしょう。但し、帰りの航空チケットを変更する可能性がある場合は、⑦のみ未記入にしておいた方が良いでしょう。

タイ出国カード

※画像クリックで、拡大

  1. 苗字《Family name》
  2. 名前《Middle name》
  3. 生年月日【日/月/年】
  4. 性別【男性:Male/女性:Female】
  5. 国籍《Nationality》
  6. パスポート(旅券)番号
  7. 搭乗便名【出国時】
  8. 署名【パスポートと同じ署名】

タイ出国カード(DEPARTURE CARD)は裏面はありません。

注意事項とまとめ

タイ入国カードを記載しないと入国審査(イミグレーション)を通過できません。入国カード未記入のままイミグレーションに行ってしまうと、記入後にもう一度来るように言われてしまいます。その場合、再度一番後ろに並ばなくてはいけなくなってしまうので、必ず機内で書き終えておくようにしましょう!
又、出入国カードは急に仕様が変更される可能性もありますので予めご了承下さい。

※Pocket等、オフラインでも閲覧できるアプリで当ページを保存して頂くと、機内でもページ全体を閲覧できるので大変便利です。
Pocketの使い方は「iPhoneで簡単設定!便利アプリPocketの使い方」に詳しく説明が出ています。